高額買取価格と低額買取価格なウイスキーの一覧

ウイスキーの買取価格と買取できる商品一覧とは

ウイスキーはアルコール度数が高く、未開封であれば安定した状態で保存することができます。そのため、ウイスキーは製造年月日や賞味期限の表示が省略されています。
長く保存ができるため、飲まずに眠っているウイスキーがありませんか。「いつか飲むだろう」と思って保管をしているかもしれませんが、その「いつか」はやってくることがあるのでしょうか。
ウイスキーは賞味期限の表示がないとはいえ、長期的に保管をしていると中身が減ってきてしまいます。そうなる前の状態がよいときに買取に出してしまいましょう。
気になるのが買取価格や、買取できるウイスキーの一覧です。では、どのようなウイスキーをどのくらいの価格で買取してもらえるのでしょうか。

ウイスキーで高額買取価格が期待できる一覧

ウイスキーといっても、さまざまなメーカーやブランドがあり、買取価格が違います。では、高額な買取価格が期待できるウイスキーの一覧を紹介します。
「山崎25年」「白州25年」「余市20年」「イチローズモルト ザ・ファイナルビンテージ オブ 羽生」などは、高額買取が期待できるウイスキーです。
山崎はサントリーが製造をするシングルモイストウイスキーで、世界のさまざまなコンテストで受賞をしています。山崎25年は25年を超える長期熟成シェリーを厳選したものです。年間生産本数が数千本と限られている貴重なものです。希少性があるものほど、買取価格が高くなります。
ある買取店では、山崎25年を66000で買取しています。

高額買取価格が期待できないウイスキーの一覧

高額買取価格が期待できないウイスキーもあります。では、どのようなウイスキーなのか一覧をみていきましょう。
「ブラントン」「山崎 ノンヴィンテージ」「白州 ノンヴィンテージ」などは、高額買取が期待できないウイスキーです。
山崎や白州は高額買取が期待できるウイスキーだと紹介しましたが、高額買取が期待できるのはヴィンテージものです。ノンヴィンテージだと買取価格は数千円です。
また、銘柄に関係なく状態が悪いと買取価格が下げられてしまいます。未開封でも中身が減っている、ボトルに傷がついている、箱がないといったものだと、買取価格が下げられてしまう可能性があります。なるべくよい状態で保管をしておくと、買取に出したときの印象がよくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました