レア焼酎「百年の孤独」の買取価格が高額になるわけは

買取価格が高額になる「百年の孤独」とはどんな焼酎か

「百年の孤独」は宮崎県児湯郡高鍋町の中心部に位置する酒造メーカー黒木本店によるものです。
創業は1885年(明治18年)、100年を超える老舗の蔵元です。
1985年(昭和60年)に発売を開始した「百年の孤独」は別名「ウイスキーになれなかった孤独な焼酎」とも言われています。
通常の焼酎は蒸留してすぐに瓶詰めされ出荷されるのですが、「百年の孤独」は蒸留後樽で熟成させ、さらに3年・4年・5年ものをブレンドして造られているのです。
そのため焼酎でありながらウイスキーや他の洋酒のような薄い琥珀色と、甘みが特徴といえます。
名前はコロンビア出身のノーベル賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの小説「百年の孤独」が由来とのこと。
瓶の包装紙には、ジャズプレーヤーのエリック・ドルフィーの言葉が印刷。
焼酎らしからぬデザイン性にも人気が集まっています。
マニアの間でも人気の焼酎のため買取価格も通常の焼酎とは違う傾向があるようです。

「百年の孤独」はなぜ高額の買取価格になるのか

「百年の孤独」の定価は3,000円ほどですが、インターネットなどでも2倍以上の価格で販売されていることが多く、買取価格も定価以上での買取が期待できる焼酎です。
店頭買おうとしても特約店でのみしか販売しておらず、そもそも入手が難しい麦焼酎とされているんですね。
有名百貨店でも抽選販売しているという話も聞いたことがあります。
黒木本店が誇るこの焼酎が高値で買い取りされる理由の一つには、現在の天皇が皇太子時代に宮崎を訪問した際、購入されたのがこの「百年の孤独」だったこともあるようです。
「皇室御用達」としてマスコミに広がっていったことが人気に拍車をかけたようです。
また、「百年の孤独」は「百年のボトル」という高級なブランデーのようなバカラボトルに入った特別な焼酎が2015年11月に発売されています。
何と30万円という高額であるのにもかかわらず即完売。
人気の高い焼酎であることが分かりますね。

「百年の孤独」を少しでも高額価格で買取してもらうために

せっかくの人気のある焼酎「百年の孤独」ですから、できるだけ高い価格で買取をしてくれる業者をいくつか探し、比較してみることが必要です。
業者の探し方としては、実際に「百年の孤独」の買い取り実績のある業者であれば正当な評価をしてくれる専門の目利きのスタッフがいることが期待が出来ます。
買取方法も店頭買取・出張買取・宅配買取と業者によって扱いが違うので料金などはキッチリ調べておきます。
例えば、宅配買取なら宅配用の梱包材は無料で用意してくれるのか、輸送中にもしも割れたりしたら補償はどうなっているかなどはあらかじめチェックしておきましょう。
ネットにも様々な買取業者が名を連ねていますが4,000円で買い取っている業者もあり安くても2,000円台での買取をしています。
実際に飲酒する人のみならず趣味としてこういった希少性のあるアルコールを収集しているマニアもいます。
高額買取を期待してネットオークションにかけてみるという手もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました